RESEARCH

研究

生理用品を通した月経の諸課題の実証研究

Menstrual Wellbeing by/in Social Design (MeW) プロジェクト

本研究のメイン・コンセプトは、Menstrual Wellbeing by/in Social Designです。大阪大学ユネスコチェアのメイン・コンセプトであるSocial Design for Health(健康のための社会デザイン)をベースに、本プロジェクトは、たとえば《生理用品の無償提供用のディスペンサーがトイレ内にあること》といった小さな工夫をして社会をデザインすることで、月経のある人のウェルビーイングがちょっとだけ前進するかもしれない、という仮説で動いています。そして、よりよい社会(未来)をデザインするためには、月経をめぐるウェルビーイングが必要、つまり両者の関係は双方向の矢印で結ばれていると考えています。

本プロジェクトは、以下の要素から構成されます。
1)生理用品の無償提供用のディスペンサーの開発
2)人間科学部女子トイレ・多目的トイレへの設置
 (実証実験期間:2021年9月~2022年2月)
3)使用状況のモニタリング
4)QRコード利用のアンケート調査、インタビュー調査
5)月経について学生を中心とした勉強会・フォーカルスグループディスカッション
6)HP等を通じた情報発信

—————–
【研究パートナー】

研究パートナー
  • TOP
  • 研究
  • 生理用品を通した月経の諸課題の実証研究