グローバルヘルス合同大会2020(オンライン)

Joint Congress on Global Health 2020 (Virtual Conference)

来る2020年11月1日(日)から3日(祝)、グローバルヘルス合同大会(GH2020)がオンラインで開催されます。
グローバルヘルス合同大会は、第61回日本熱帯医学会大会、第35回日本国際保健医療学会学術大会、第24回日本渡航医学会学術集会、第5回国際臨床医学会学術集会の4学会が一堂に会して行う大規模な学会です。

大会のテーマは、「チャンプール! 交じる、つながる、支えあう」。
チャンプール(Campur)とは、インドネシア語で「混じりあう」という意味です。交じることから何か新しいことがはじまり、支えあう関係性に発展することは、持続可能な開発目標(SDGs)17「パートナーシップで目標を達成しよう!」にもつながります。

global_a2_poster_202007

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、全面オンラインでの開催が決定され、内容においてもCOVID-19に焦点があてられることに決まりました。

合同大会の詳細は、以下の大会公式ホームページをご覧ください。
https://www.gh2020.jp/index.php
————-

わたしたち大阪大学ユネスコチェアは、国際学校保健コンソーシアム(JC-GSHR)と共催で、アジアの学校保健に関するシンポジウムを開催します! 題して…

School Health as we confront COVID-19 in Asia

同じアジアの中においてもCOVID-19の感染拡大状況は様々です。そうした多様な状況の中、COVID-19は各国の学校保健にどのような影響を与えたのか、そして今も与え続けているのか。各国の学校保健はどのように機能したのか、しなかったのか。アジアの7カ国(カンボジア、中国、日本、韓国、ラオス、ネパール、フィリピン)から学校保健の専門家をお招きして、多角的に検証していきたいと思います!

  • TOP
  • イベント
  • グローバルヘルス合同大会2020(オンライン)