RESEARCH

研究

ロンドンと大阪における障がいをもつ大学生の日常生活体験に関する研究

大阪大学とUCL(University College London)とのシードファンドに基づく新規プロジェクト

本研究プロジェクトは、大阪大学大学院人間科学研究科と英国のロンドン大学(University College LondonUCL)による共同研究です。本プロジェクトでは、障がいをもつ大学生・大学院生に研究協力者としてご参加いただき、彼/彼女らの日常生活を記録したドキュメンタリー映像を作成するとともに、インタビュー調査を実施します。

障がいをもつ大学生・大学院生の日常生活の実際を理解するとともに、多様な人びとの多様な視点と経験を学び、そこから得た知見を広く社会と共有することで、障がいを持つ人々に対する社会の関心を高めるとともに、健康のための社会デザイン推進に向けた政策提言につなげることを目的とします。現在、大阪とロンドンにおいて、様々な障がいをもつ学生6名に参加をお願いしています。

  • TOP
  • 研究
  • ロンドンと大阪における障がいをもつ大学生の日常生活体験に関する研究